Mid Valley 中国茶の店 マレーシアの風景。

MID VALLEY MEGAMALL内の中国茶 屋さん Purple Cane Tea Art Center(パープル ケイン ティー アート センター) GフロアのJUSCOの前。 KLの中華街に本店とレストランも運営している。 各種 中国茶と中国茶道具を販売して…

続きを読む

north-southハイウエイ kedah(ケダ州)~KLドライブの旅 マレーシアの風景

 ハイウエイをケダ州からKLまで南下 6時間以上のドライブになるが、道は広いのと平日は都市の近く以外渋滞がないので ドライブも快適。 ケダ州のハイウエイを下りた街の道。道は広く 周りは緑が一杯。混雑緩和が目的のバイパス。 ケダ州のあるハイウエイの料金所。緑色の三角屋根、マレー風建築。現金だけでなく…

続きを読む

IPOH(イポー) 旧市街

マレーシアの風景。 歴史的に有名な路地。路地は狭いが、おめかけさんを住まわせたといわれる家が続いている。 この建物は1931年建設と表示がある。歴史のある建物。 中国人の町なので 看板は 中国語。KLの中華街よりも 古いたたずまいが残っていて規模も大きい。名物は クイチャオとモヤシ。Ipohが特産といわれていて…

続きを読む

Istana Negara(イスタナ ネガラ、王宮)~KL駅界隈

マレーシアの風景。 王宮の正門前から撮影。 緑に囲まれたきれいな王宮。 王宮の紋章。 騎馬隊の交代の儀式。馬はベルギーからの輸入馬。 王宮前の 大木。 王宮前は観光バスやタクシーが駐車出来るようになっている。 (2015/4/30追加コメント:王宮は移転し、旧王…

続きを読む

プトラ ジャヤ 行政都市

マレーシアの風景。 最初に訪れたときは 首相府とモスクしかなかったが 広大な街が 広がっている。まだ樹木は背が低いので 暑い。 官庁もまとまっているといっても 離れているので炎天下での 移動が大変そう! ショッピングセンターも広がっている。 観光地でもある。 モスクの屋根が赤茶系でとっても珍しいが すごく大きい。 …

続きを読む

Batu Cave(バツー 洞窟)ヒンズー教の聖地 マレーシアの風景。

バツー ケイブはヒンズー教の聖地で お参りする人も多く 観光地としても有名だったが、最近はヒンズー教の黄金の像が出来ていて驚いた。2006年1月発行のガイドブックにに載っていないからまだ新しい。この地域はGombak(ゴンバッ)地区で ヒンズー教の人だけでなくインド系モスレムも多く住んでいるのに 何で 偶像崇拝を良しとしない人たちも…

続きを読む

Royal Selangor(ロイヤル セランゴール)ピューター工場

マレーシアの風景。 KL郊外のセタパ地区にある。ワングサ マジュのJaya juscoの近く。 工場見学もよく洗練されていてピュータの特性とか職人さんの技術の高さと歴史が良くわかる無料のツアー。ショールームもあるのでピューター製品の買い物も出来る。(ツアーガイドは ここが一番安いと言っていたが、Royal Selangor製品は 全国均一価格だったはず??建物の前におい…

続きを読む

Sunway Lagoon(サンウエイ ラグーン) テーマパーク

マレーシアの風景。 sunway lagoonはペタリンジャヤ地区にある。ホテルとラグーンとショッピングセンターからなるリゾート。現在増築中で マレーシアでも人気のリゾート。整備されたが、道路が混むのがちょっと難点。 長いつり橋も架かっていてラグーンの上を歩いて横切れる。 ウォータースライダー ホテルにはとうもろこしの尖塔がつい…

続きを読む

KLタワー展望台からの景色

マレーシアの風景。 右手前の白いビルは MAY BANKの本社。 左真ん中の森の中のたまねぎ形の黄色い屋根(尖塔)が2個付いているのが王宮。 建設中のビルはまだ多い。 タイムズ スクエ…

続きを読む

KLCC(KL CITY CENTER)界隈

マレーシアの風景。 夕方のペトロナスツインタワー(国営 石油公団) SURIA KLCC 伊勢丹デパート。 KLCC内は国旗が飾られていて、50周年の独立記念日を祝う準備が進んでいる。 …

続きを読む

KLの風景 Jln AMPANG(アンパン通)Jln Tun Razak(トゥン ラザック 通)

マレーシアの風景。 手前に見える円筒形のビルは タボン(タブン)ハジ。 メッカ巡礼するためのお金を積み立てるが、その基金を管理・運営する団体。タボンハジができたおかげで巡礼者が計画的に巡礼にいけるようになった。積み立て額が一定額に達し、順番が回ってくると巡礼にいけることになる。サウジアラビア政府は国ごとに巡礼受け入れ人数を割り振るので順番待ちの人が多い、お金があってもすぐいけるとは限らない…

続きを読む