エジプト旅行8日間 4日目 アブシンベル大・小神殿 アスワンハイダム コムオンボ

アスワンで クルーズ船に宿泊(船は一晩停泊したまま) クルーズ船をAM4:30頃バスで アブシンベルへ出発。
バスで3~4時間かかる。アスワンは回路より暖かいと聞いていたが かなり寒い バスはクーラーガンガンで 本当に寒い。 小高い丘が 崩れた ピラミッドのようではあるが ピラミッドとは無関係。

あたり一面 土漠。帰りは 蜃気楼も見える

アブシンベル神殿の 移設の様子が 神殿の入り口付近で 展示紹介されている、

ラムセス2世の巨大な座像がある神殿が アブシンベル大神殿、立像はアブシンベル小神殿の入り口。

アブシンベル大神殿:高さ32m、幅38mの神殿正面。座像の高さは高さ20m 4体のラムセス像が配置。

画像




一番奥の至聖所(入り口から47m)には4神が 左の プタハ神にだけは まったく日が当たらないが、他の3神
には年2回 春分の前と秋分の日25日後の数日間は日が当たるように設計されている。(2/22と10/22 ラムセス2世の誕生日と即位日?の両日) 右から2人目がラムセス2世。大神殿は南のヌビアに権威を示すためにエジプトの最南端に建てられたと。。




画像



アブシンベル小神殿は 大神殿から北に100mほど離れている。王妃ネフェルタリとアブシンベルの地方神ハトホル神に捧げるために建てられた。正面には高さ10mのラムセス2世の像が4体 王妃の像が2体配置。王と王妃が同じ大きさの神殿は 他に類を見ないとガイドブックの説明。


画像


神殿の正面には アスワンハイダム のダム湖の ナセル湖が広がっている。 ナセル湖は 琵琶湖の 8倍~9倍の広さともいわれている。



画像



アスワンに戻り Aswanハイダム下流側
画像



クルーズ船でナイル川を下る(北上)
画像






夜コムコムオンボに上陸 神殿のレリーフには 医学に関する物(外科手術の道具)、カレンダー(奉納用品と時期)などある。古代エジプトでは外科手術が行われ4その後生存していたこともわかるらしい。ライトアップされ柱の頭注の形がきれい。



画像



エドフへ向けて出港