エジプトの旅8日間  3日目 エジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館の目玉は ツタンカーメンの秘宝。大エジプト博物館は現在建築中でギザ地区の丘の上に建てられている。展示物は11月ころから徐々に新しい博物館に移動中とのこと ツタンカーメンの黄金のマスクが展示されているエジプト考古学博物館へ行った。


1836年に設立された。博物館に入ってすぐの正面にはアメンヘテプ3世と妻テティ像がある。王と妃が同じ大きさに作られた初めての像。ツタンカーメンの祖父で民間人と初めて結婚した王様。
像の高さは10m超。圧倒される。




画像




画像



2階の展示はツタンカーメンの秘宝。黄金のマスクは撮影不可。純金の玉座、棺を入れていた厨子と神様が4面を守っている。



画像





画像




アヌビス神が王の財宝を守っている。 昼も夜もずうっと見張っているので、目は充血したように赤く着色がされている。


画像