福岡、柳川、大宰府観光(3)・・・柳川(2016/7/16)

水郷の町 柳川へ。西鉄の大宰府・柳川観光キップで天神から西鉄 柳川駅へ(約48分)。特急列車の間隔は約30分なので 待ち時間を少なくして効率よく観光したい。 購入した観光キップには どんこ舟でのお堀めぐりの代金も含まれている。柳川駅に着くと乗船場までの送迎のバスが待っている。

どんこ舟(どんこは魚・・ハゼ)は底の浅い 平べったい 船。堀の水深も浅く泥が堆積している 朝から葉っぱなどの掃除もしていて管理が行き届いているので船を浮かべる事が出来るらしい。竿を使って船頭さんが案内をする。約70分の堀をめぐる観光船の旅。川下りのHPの説明では 『中心市街地2km四方に延長60kmにも及ぶ堀割と共生する世界有数の水路のまちです。』とある。今日はあいにくの雨、ビニールの合羽(ポンチョ)を無料で貸してくれるので濡れずに済む。
堀を進むどんこ舟は夏は蒸し暑い。水面ぎりぎりの高さに座っているので風がないとかなり暑い。結婚式のお披露目にもどんこ舟が使われるようだ。生活にも根付いている。

乗船場

画像


城堀水門(じょうほり)
場内に入る唯一の水門。

画像



茶色の煉瓦の建物が並倉 明治の後期に建築され今も使用されているとのこと

画像



水上売店 朝 雨の中 ビールも販売している

画像




蜘蛛手棚(くもてたな) 初めて見る 魚を採る仕掛け。

画像







下船場 この近くには 御花(藩主の私邸)や 北原白秋記念館(生家)があり ウナギのせいろ蒸しなどの店
 柳川市の観光PR ビデオは Y-tubeで 『さげもん』で検索 さげもんガールを選択で 見る事が出来る。
さげもんとは  女の子の 初節句の お祝いに 飾る、 紐でつないだ色鮮やかな小物の飾りのこと


画像






御花の庭園 あいにく建物は工事中で見学できず
画像